So-net無料ブログ作成
320421.jpg

一長一短:4月27日の四字熟語&何の日 [四字熟語]

スポンサードリンク




本日4月27日は
「哲学の日」です。

 紀元前399年の4月27日、ギリシャの哲学者・ソクラテスが、時の権力者から死刑宣言をうけて、刑の執行として獄中で毒を飲んで亡くなった。
 アテナイ(現在のアテネ)で活動し、対話的問答を通じて相手にその無知(無知の知)を自覚させようとしたが、アテナイ市民には受け入れられず、告発され死刑判決が下された。弟子たちは脱獄を勧めたが、「悪法も法」だと言って、毒杯を煽ったのだった。



本日の四字熟語は
「一長一短(いっちょういったん)」

意味:
人や物事について、いい面もあり悪い面もあること。長所もあり短所もあって、完全でないこと。
※「一…一…」は「ある面は…ある面は…」の意。 「長」「短」は長所・短所、よい点・悪い点。 「一短一長(いったんいっちょう)」ともいう。


例を考えてみると

・きみが考えた案は確かに魅力的だが、一長一短がある。




~感想一言~

ソクラテスが唱えた無知の知は、今の情報社会だからこそ共感できるのかもしれません。
私も自らの無知を心に置いて、謙虚に学んでいきたいものです。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。